無印の化粧水で思ったよりもモチモチ肌になれる

無印の化粧水もプチプラですね。

200mlで1000円以下とかなり手に入りやすい価格帯です。

 

無印でもネットでもコンビニ(ファミマ)でも購入できるし惜しみなく使えます。

朝と夜のお手入れもですが、スプレーボトルに詰め替えてお化粧直し用に持ち歩いたりもしていました。

使い勝手やコスパが最高なんです。

 

種類も、

  • 敏感肌用
  • クリアケア
  • オーガニック
  • エイジングケア

と複数あります。

そしてそれぞれに、さっぱり、しっとり、高保湿などの種類があります。

他にも導入美容液やUVなどなんでも揃っていますね。

 

無印化粧水は肌に優しく刺激が少ない

以前、一時期化粧かぶれのせいか肌が急に荒れだしたことがあります。

使っていた化粧水も合わなくなってしまった時にこちらの化粧水や乳液を使い始めました。

 

そしたら段々と肌荒れがおさまっていったんですよね。

沁みたり赤くなったりといったこともありませんでした。

 

それから3年ほど、敏感肌用のさっぱりと高保湿のものを用意して肌の状態をみながら使い分けていました。

ときには2つを適量混ぜて調整をしたりもあります。

ただ高保湿タイプはしっかり保湿されモチっとした肌になりますが、塗った後はぬるぬるとした感触は残ってしまいます^^;

 

無印のスキンケア商品は刺激のない化粧水(乳液やクリーム含めて)をお探しの方にはオススメです。

 

無印の化粧水のデメリットは?

特にデメリットはないんですが、しいて言うなら、「可もなく不可もなく」ってことでしょうか。

悪くはない、現状維持なんですが、肌質が改善したり目に見えて良くなったりってことはあまり期待できませんでした。

 

若いころはそれでもいいんですが、30歳を過ぎると肌の悩みは増えてきます。

シミやしわなんかもそうですし、ニキビなんかの赤みが引くのも時間がかかるようになってきました。

肌のターンオーバーは20代で28日、30代では40日かかると言われています。

ちなみに40代で50日、50代では75日もかかるそうです。

そろそろエイジングケアを視野に入れていかないといけないなと思い、無印の化粧水を卒業しコスメ探しの旅に出るのでした。

 

敏感肌女性にに好評のCurel(キュレル)のセラミド配合は嘘って本当?

これも薬局などでおなじみの商品です。

外箱に「乾燥性敏感肌のための化粧品」って書いちゃうくらい、ターゲットがハッキリしています。

主成分はアラントインと呼ばれるもので、抗炎症作用や組織修復作用があります。

なので、肌荒れしている(orしやすい)肌質の人にはうってつけってわけです。

180mlで2000円以下と購入しやすい価格帯も魅力です。

 

私も化粧水やUVクリームを買って使ってみましたが、使い心地悪くありませんでした。

でもよくよく成分を調べていると驚いちゃいました。

 

販売元は大手の花王です。(私は個人的に好きではありません。)

キュレルの化粧水にはセラミドが配合されていない

このブログでもたびたび出てくる成分・セラミド。

エイジングケアには保湿が欠かせませんし、保湿にはセラミドが欠かせません。

やはりセラミド配合のものを選びたいですよね。

 

でもキュレルはセラミド配合を謳っておきながら、セラミドが配合されていないんです(笑)

正確にいうと、乳液やクリームにはちゃんとセラミドが入っていますが、化粧水には含まれていません。

化粧水成分:アラントイン*、精製水、グリセリン、BG、ベタイン、POEメチルグルコシド、ユーカリエキス、PEG1540、コハク酸、アルギニン、POE水添ヒマシ油、パラベン

 

そして肌に一番浸透しやすいのは間違いなく化粧水です。

付ける順番を見ても明らかですよね。

エイジングケアを気にするなら、化粧水にセラミドが入っているものを選びましょう。

 

また乳液やセラミドに配合されているセラミドも、疑似セラミドといってバリア機能や保湿力が弱いものになります。

 

肌荒れやかぶれの原因は外からの刺激も影響しています。

潤いがあれば肌を守る力も強くなるので、乾燥肌はもちろん敏感肌の人もしっかりと保湿できる化粧水を選ぶべきです。

 

その点でキュレルは落第点ですかね。

(20代前後で皮脂量が多くニキビなどの赤みに悩んでいる人にはいいかもしれませんね。)

無名だけど良い仕事するあきゅらいず化粧品

あまり耳馴染みがありませんが、あきゅらいずって会社をご存知ですか?

有名ではないので知らない人も多いかもしれません。

私もママ友に紹介されて知ったんですが、この会社の基礎化粧品がけっこう評判良いんです。

 

社長はじめ社員もすっぴんで会社に行くというストイックさもあるよで、さぞかし製品も気合が入っているんだろうなと思って調べてみました。

あきゅらいずのスキンケアの基本は、

  • 泡石
  • 優すくらぶ
  • 秀くりーむ

の3ステップだそうです。

普通だと、化粧水、美容液、乳液の3ステップだと思うかもしれませんが、あきゅらいずの場合は、洗顔、パック、保湿の3ステップのことを指すらしいんです。

パックも30秒と短く、洗顔から保湿まで短時間でできちゃうのは忙しい人にとっては魅力的ですね。

 

10種類の東洋ハーブが決め手

成分のキーになるのが、中国で厳選されたハーブだそうです。

中国って聞くと品質的にどうだろって不安があるのが正直なところですが、コスメサイトを見ても評判も上々で乾燥肌の人が愛用しているみたい。

ハーブと言えば東洋医学の分野ですが、病院でもらうお薬と違うのは、成分同士の相乗効果が期待できることですね。

10種類のうちのひとつ紫草が皮膚の肌荒れ対策にも使われるので、ニキビや赤みのある肌の人にも合うかもしれません。

 

価格はどのくらい?

スキンケアは継続が第一です。

続けやすさと価格が大事になってきますね。

あきゅらいずは3ステップケアなので、お手入れは簡単そうです。

そして1ヶ月分のお値段ですが・・1万円ほどになっています。

アヤナスなんかと比べると半額くらいですが、それでも安いとは言えません。

私的にギリギリ手を出せるところかなって思って、さらに調べてみるとプラスワン定期便なるものを発見しました。

25日ごとに自動配送されるんですが、これを申し込むと4回に1回分が無料で手に入るそうです。

なので1つあたり7500円くらいでしょうか。

定期コースですが解約はいつでも可能なのでとりあえず申し込んでおいた方が良いですね。

(ただし不要になったらちゃんと解約の申し入れしてください)

とりあえず試してみたいって方のために初回は半額で購入できるみたいだし、4日間のお試し詰め合わせもあるようですので気になる方はぜひ!

 

評判はどう?

もう少しネットでの口コミを紹介したいと思います。

 

★あきゅらいずの泡石が気に入っています。

これを使うと肌が白くなって汚れは落ちるのに、潤いは残ったままで突っ張った感じがしません。

肌を触るとモチっとしています。

 

★優すくらぶのハッカでパックするとスース―する(笑)

最初はジンジンと熱くてビックリしましたが、今ではかなり慣れました。

肝心の効果ですが、これを使った後は肌が柔らかくなるのを実感します。

その後に使う秀くりーむが肌にじんわりと馴染んでくれます。

 

★ホルモンバランスの影響でしょうか、産後から敏感肌になりかぶれやすくなっちゃいました。

新しい化粧水を探していたところ、あきゅらいずにたどり着きました。

使ってみたところこれがビンゴ!

わたしのような肌でも安心して使えます。

たまにニキビができたり肌が荒れちゃうときは、刺激のある優すくらぶを飛ばして、泡石と秀くりーむだけで済ませちゃいます。

 

★ずぼらでめんどくさがりな私にはさっと使えるあきゅらいずが向いていました。

昔はお化粧するのも楽しかったんだけど、今はひたすら面倒なので。。

シンプルなお手入れ方法ですが、効果も抜群で小鼻の黒ずみや毛穴汚れなど目立たなくなってきました。

 

もちろん中には肌に合わなかったって人もいるんですが、大手メーカーのコスメにも負けていませんでした。

創業して10年以上の実績もあるし、自然派のコスメを探している方は知っておいて損はありませんよ♪

 

(参考にしたサイト)あきゅらいず 口コミ

 

 

コーセー米肌で肌は潤う?コメの力ってなんだ??

こちらも有名な米肌シリーズ。

読み方は「まいはだ」だそうです。

ずっと「こめはだ」って読んでいました(笑)

米のとぎ汁で顔を洗うと肌が綺麗になるなんていうけど、お米の成分って本当に肌に良いの?って疑問に思っちゃいますよね。

少しだけ調べてみました。

米肌の成分ライスパワーNo.11がすごい

No.1からNo.10まではなんなんだ?という疑問は置いておいて、この成分が凄いんです。

このライスパワーNo.11は名前のとおり米由来の成分なんですが、セラミド・・・

「どうせセラミド配合なんだろ?」

 

って突っ込みたくなりました?

 

実はセラミドを補うのではなく、自分の力で作り出すのを手助けしてくれるんです!

 

お米を発酵させて抽出させたものですが、この中にはアミノ酸ペプチドや糖類などが含まれています。

これらの成分が水からセラミドを生み出すのに必要なんですね。

 

実際に継続して使っているとセラミドの量が1.4倍にまで上がったっていう実験結果もあるそうです。

 

スキンケアで大事なのは保湿

スキンケアで重要なことの1つが保湿です。

お肌に潤いがあると透明感のある白い肌になりますし、老化の原因になる紫外線を防いでくれます。

「しっかり汚れを落として、しっかり潤す」

これが何よりも大事です。(シンプルゆえにむずかしい・・。)

 

さてその保湿に重要になってくるのがセラミドです。

セラミドは細胞間で水分や油分を抱え込むことで肌の潤い保っています。

医薬部外品の効能としても科学的に認められている成分でもあります。

 

でもセラミドは年を取るとともに少なくなってしまいます。

なので補う必要があるんですね。

アヤナスのように直接肌に届けるか、米肌のように作り出すかに違いはあれど、お肌には大切な要素です。

 

大手化粧品会社の安心感

そしてこの米肌を販売するのがおなじみにKOSEです。

わたしも化粧品や洗顔料を好んで使っています。

やはり大手メーカーだと、研究・検証にお金をかけれるので安心して使えますよね。

 

ただ米肌をオススメできない人もいます。

米由来の成分を使っているので、アルコール成分が入っています。

日本酒が苦手な人・・特に日本酒を飲むと痒くなったりする人は肌にも会わないかもしれないので覚えておいてください。

 

セラミド配合ならアヤナスもオススメですよ!

保湿力のあるあきゅらいずも良かったです!

 

 

ハトムギ化粧水+ニベア シンプルで超低価格の定番品

こちらのハトムギ化粧水は皆さん見たことあると思います。

ドラッグストアはもちろんAmazonなどでも買えます。

500mlで500円くらいなので、めちゃくちゃ安い!

さらにニベアクリームも定番ですね。

こちらも300円くらいなので、二つ合わせても1000円以下。

しかも1ヶ月以上はもちます。

 

私も20代のころはとてもお世話になっていました^^

化粧品は安いものをたくさんつけた方がいい?

よくこんな話を聞いたことありませんか?

これは半分正解で半分間違いです。

 

安い化粧品だと遠慮なく使えるのがメリットなんですよね。

私もハトムギ化粧水をコットンにびちゃびちゃに取ってパックしたりしていました。

逆に高い化粧品だとケチってちびちび使っちゃう。

そうなると適量以下なので、ちゃんと洗えない、美容液が浸透しない、保湿がされないっていう中途半端な形になっちゃうんですよね。

 

なので、最強は、

高い化粧品をたくさん使う!

なんですが、現実問題はコスト的に無理なわけで。

私だって毎朝エビアンの水で洗顔したいですよ(笑)

 

安いからって悪いわけじゃない

安いくて悪いってのは値段相応なんですが、商品として生き残れないんですよね。

長く愛されているってことはそれなりの品質があるってことです。

 

お母さん(ひょっとしたらおばあちゃん?)の頃からあるニベア。

実はこれ、超高級クリームのドゥラメールとほとんど同じ成分なんです。

ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、スクワラン、ホホバ油など聴き馴染みあるシンプルな成分構成です。

青ニベアを使うとしっかり保湿されますし肌のうるおいがわかります。

個人的には使い心地(主にベタつき)があまり良く感じませんでした。

 

肌に優しい成分で肌荒れが少ない

そしてシンプルゆえに肌荒れや肌に合わないといった評価をあまり見ないのも特徴です。

特にハトムギ化粧水はほとんど聞きませんね。

逆にシンプル過ぎるゆえか、ハトムギ化粧水だと保湿力が弱い気がします。

20代の頃は問題なかったんですが、30過ぎて皮脂の分泌量が減ってこれだけだと肌の渇きを感じるようになりました。

10代から20代の肌が元気なうちは、肌を甘やかせないシンプルなスキンケアがオススメです。

 

 

30すぎたらアヤナスが最強?乾燥肌の味方だけどお財布事情

アヤナスはディセンシアと呼ばれる会社のエイジングケア商品です。

皆さんも聞いたことがあるポーラの子会社っていうところもブランドとして安心できます。

このアヤナスはどこの化粧水サイトを見てもオススメされているくらい人気のある商品ですし、実力は折り紙付きです。

アットコスメなんかでも1位をとりましたね。

アヤナスの凄さは保湿成分にあり!

よく保湿成分のセラミド配合と表記されていることがありますが、あれって複数の種類があること知っていますか?

頻繁に使われているのは石油からつくられたセラミドらしく、逆に肌に悪い場合もあるんだそうです。

アヤナスにもセラミドが配合されているんですが、それはセラミドナノスフィアというヒト型セラミドらしいんです。

普通のと違うのは、サイズが小さく肌の奥まで届きやすいっていうメリットがあります。

その浸透力は4倍もあるともいわれています。

どんな人におすすめ?

特に30歳を過ぎた敏感肌の女性に評判がいいんです。

先ほど挙げたセラミドによる保湿力が高いので、肌がプルンと潤い、乾燥が原因の白ニキビなんかもできにくくなったていう口コミをよく見ました。

香りもラベンダーという癒しのフレグランスで、子育てで疲れているときにはホッと一息つけそうな気もします。

 

また乾燥によるしわを気にされている方にもおすすめです。

目元や口元の小さなしわの原因は、乾燥によるものである可能性が高いです。

肌がしっかりと潤うことでこれが目立たなくなってくるんですね。

でもほうれい線なんかは乾燥によるものではないので(皮膚のたるみ)、化粧水や美容液、クリームで対策するのは困難です。

 

逆に保湿力が高いので脂性肌の人には向いていないかもしれません。

  • ベタつきが気になる
  • おでこがテカリやすくなった

といった口コミもあるようなので注意してみてください。

価格はおいくら?

アヤナスをライン使いすると化粧水・美容液・クリームで約2万円します。

こう見るとちょっとお高く見えちゃいますよね。

詰め替え用もありますが、それでも16000円です。

人気があって効果もあるんなら、それなりにお値段がするのも理解できますが、続けていくとなると私には厳しいところがあります。

できれば月に1万円くらいで済めばいいなって思っているので。

いくら良くても継続できないと意味ないですもん。

 

気になる方はトライアルセットが1480円で販売されています。

  • ローションコンセントレート(化粧水)
  • エッセンスコンセントレート(美容液)
  • クリームコンセントレート(クリーム)

それにお試し用のアイクリームもついてきます。

アヤナスもオススメですが、もうひとつのオススメはあきゅらいずです。

素肌が綺麗だと何がいい?すっぴんのメリットを4つ考えてみた。

こんにちは!
都内で二児の母をしている主婦です。

最近は子育てに忙しくなかなか自分のためのケアができていない状況です。
妊娠を経験して肌質も敏感肌になってしまい、30歳をすぎ始めてから肌の活力の衰えを感じます。

そうはいってもいつまでたっても綺麗でいたいもの。

肌に優しく自分にあったスキンケアを研究中です。

このブログではそんな私のレポートを記録していきたいと思います。


素肌が綺麗になりたいと思うのは女性なら当然ですが、実際にどんなメリットがあるのかを改めて考えてみました。

やはり明確な利益があると、頑張りがいがありますからね!

 

私が考える素肌が綺麗になるメリット

1つ目:単純にテンションが上がる

やはり1番はこれでしょう。

鏡をのぞいて肌の調子が良かったら嬉しいですよね。

  • 昨日よりキメが整っている
  • しわやシミが薄くなった
  • 肌が白くなった

人によって違いはあると思うんだけど、綺麗になるだけでルンルンになっちゃいます。

心が明るいと全ての出来事も、ほんの少し楽しく感じちゃいます。

人と接するときも堂々と自信をもって顔を合わせられます。

逆に毛穴の黒ずみを見つけたりニキビができたら、どんよりとした気分になっちゃいますよね。

なんとなく伏し目がちになって暗い印象になっちゃいます。

2つ目:人に褒められるのが嬉しい

1つ目は自分の中で完結しますが、人から褒められるのも嬉しいものです。

夫や友達に、

  • 最近綺麗になったね
  • なんの化粧品使ってるの?

なんて言われると、口では謙遜しながら内心はニヤッとしちゃいます(笑)

子どもに「ママ綺麗!」って言われたら至福の喜びです。

いつまでも綺麗なママでいれるように頑張りたいって思っちゃいます。

3つ目:化粧がシンプルになる

素肌がいまいちだと、シミやしわ、ニキビを隠そうと化粧が濃いめになっちゃいますよね。

その結果、

  • 肌を傷める
  • 化粧に時間がかかる
  • メイク直しに時間がかかる
  • 持ち歩くメイク道具が増える
  • メイク用品の費用がかかる
  • 旅行など泊りが面倒
  • メイクオフするのも手間

こんな感じで見てみると、デメリットがいっぱいでてきちゃいました。

お金も時間も手間も全部かかっちゃいます。

 

思い出してみれば、小学生のころなんて水でバシャバシャ洗うだけで十分でしたもんね。

さすがにもう無理ですが、そのくらい楽なスキンケアで済めば嬉しいですよね。

4つ目:肌が綺麗になる正のスパイラルにはいる

素肌が綺麗だと化粧が少なくなります。

そのため肌への負担が減るのでさらに肌が良い状態になります。

一度良い循環に入ったら素肌はどんどん綺麗になっていきます。

逆に肌が汚いと、それを隠そうと厚塗り、それが肌に負担に・・・と負のスパイラルに陥ってしまいます。

目指せすっぴん美人

パッと考えてみましたが、これを書いているうちに

「やっぱり素肌を綺麗にしたいな」

って再認識しました。

 

素肌を綺麗にするにはコツコツとした努力が必要ですが、頑張っていきたいと思います!